【賃貸でもOKなDIY】和室にカーテンを設置

この記事は約4分で読めます。

我が家では子供は和室で寝ているのですが、日が長くなり、朝眩しくなってきたのかただでさえ早起きの子供がますます早起きになって来てしまったので、和室にカーテンを設置することにしました。通常、和室の窓側は障子で、カーテンレールは付いていません。そこで、賃貸でも簡単に和室にカーテンを設置できるようにDIY(Do It Yourself)してみました。

【DIY】和室にカーテンを設置

購入したのは、この強力突っ張り棒です。

棒は二分割されてくるので長さ100cmの箱で届きます。

各パーツ

突っ張り棒のパーツ構成は非常にシンプルで、

  1. 棒(2本)
  2. 脚(両端)
  3. 取扱説明書

の3つです。

この突っ張り棒は強力な突っ張り力が期待できるネジ式なので、100均の突っ張り棒(バネ式)と少し異なります。親切なことに取扱説明書に細かく正しい使い方が載せてくれています。意外と突っ張り棒の付け方って何も考えずにつけがちでしばらく経ってから落ちることありますよね。

【DIY】和室にカーテンを設置

部品はかなりシンプルで、棒と足だけです。足はしっかりと突っ張れるように面積が大きくなっており、滑り止めの樹脂もついています。

【DIY】和室にカーテンを設置

脚もゴムが貼られており、傷が付きにくく、突っ張り効果も高そうな感じです。

【DIY】和室にカーテンを設置

こんな感じでセットします。

【DIY】和室にカーテンを設置

取り付けの様子

取り付けはこの微妙な障子と窓の間のスペースに設置します。我が家はなぜかサッシは立派なんですよね。管理組合が一括してペアガラスに改修したからなのでしょうか。

【DIY】和室にカーテンを設置

こんな感じで、約7cmほどのサッシです。

【DIY】和室にカーテンを設置

こんな感じで突っ張らせます。位置はどこでもよいのですが、カーテンなので窓の開け閉め時に邪魔にならないように手前に設置しました。

【DIY】和室にカーテンを設置

見た目は不安かもしれませんが、ねじ式でしっかりと突っ張っているで、かなり重たいものをぶら下げても問題なさそうです。

【DIY】和室にカーテンを設置

取り付けして満足してしまい、写真を撮り忘れているのですが、この突っ張り棒に暗記で使うリングを取り付けてカーテンを下げられるようにします。

Amazonではリングサイズも複数、また突っ張り棒の径も複数あるので程よい組み合わせを見つけて買いました。

Cリングの大きさとしては、カーテンのフックを付けないといけないので、直径で5mmほど余裕があるといい感じでした。径を揃えすぎるとカーテンを開け閉めする際に引っかかってリングが外れたり、カーテンフックが壊れてしまいます。

直径32mmの突っ張り棒に対して、リングは39mmものを選びました。

取扱説明書:設置の仕方、ポイント

設置の仕方、ポイントは、

  1. 突っ張り棒を組み立てる
  2. 脚を取り付けて、下側に出っ張っている部分が出るようにしておく
  3. 棒を設置したい幅より少し短めの長さを調整する
  4. 片方を設置したい高さに当てて、もう一端を下から上に差し込むようにして突っ張り棒を水平にする
  5. 微調整ナットを繰り出して軽く突っ張らせる
  6. 少し離れたところから、水平か確認する
  7. 微調整ナットをさらに繰り出して、強く固定する
    (壁が脆い場合、凹む場合があるのであまり強く突っ張らせず様子を見るようにします)

という感じです。

【DIY】和室にカーテンを設置
【DIY】和室にカーテンを設置
【DIY】和室にカーテンを設置

最後に

和室にカーテンってあまりついている印象はありませんが、この時期明るすぎて朝方寝れないですよね。少し手間ですが、カーテン用の突っ張り棒をつけることで賃貸の和室でも簡単にカーテンを取り付けることが可能です。もちろん取り外し、移動も簡単です。

今回の方法では、サッシと障子の間に一定以上の余裕(突っ張り棒の脚分の幅、約5cmほど)がないと取り付けできませんが、余裕がある場合はかなりおすすめです。かなり耐荷重性能がある突っ張り棒なので、洗濯物干しにも転用できると思います。

考え方を変えると、在宅勤務時の背景カーテンなどにも使えそうですね。

タイトルとURLをコピーしました