【在宅勤務環境の向上】モニターライトが便利だった

この記事は約3分で読めます。

在宅勤務していると少しずつ執務環境を向上させていきたくなってしまいます。こんなBlogで文字書きをしているとなおさらのこと。。。デスクがどうも暗いので明るくしたいなと思っていたところ便利そうなものを発見したので購入してみました。

モニターライト

前からある製品のようですが、モニターの上に設置するモニターライトというものです。高価格帯だとBenQなどの製品がありますが、私の場合そんなにお金は掛けられないので安いのを購入してみました。

あまり安すぎても目を傷めても嫌だなと思い、安めの中価格帯を購入しましたが、暖色光2900K、混合光4000K、白色光6000Kに切り換えられるモデルにしています。

電源はUSB Type-C給電でPCとの相性も良く、ドックなどから電源を取るとPCの電源ONに合わせて点灯出来るようになります(PCとドックの電源が連動している場合のみですが)。

電源や色調節、輝度調節はタッチ式でした。タッチの感度はそこそこですが、輝度や色の調節部は少し感度の悪いものが届いている気がします。購入後すぐに確認し、不具合がある場合はすぐに交換申請をすると良いと思います。

設置の様子

設置の様子はこんな感じ。モニターの上にちょこんと乗る感じです。

点灯の様子

暖色光2900K、混合光4000K、白色光6000Kに切り換えられるので、好みの色で使えます。点灯の順番は暖色、白色、混合の順番でボタンを押すたびに切り替わります。電源を供給されている状態だと一度OFFにしても点灯色や輝度は記憶されていますが、電源が遮断されると点灯色や輝度の設定は失われます。

個人的には混合色が好みですが、ポチポチ押すのが面倒なので、暖色で過ごしています。

完成した執務環境

キーボードマウスモニターアームリストレストを設置しているので執務環境としては良い感じです。

こちらの記事でも紹介していますが、この時にデスク周辺の高機能化を図りました。今回、手元も明るくなり更に便利になりました。この環境なら仕事に身が入りますね。

タイトルとURLをコピーしました