ついにジェネリック家電(MaxzenのTV)が我が家に登場。

買い物生活, 家電, 買い物記録, レビュー

寝室でゴロゴロ、ぐーたらするためにジェネリック家電を買いました。

maxzen 32型 J32SK03

購入のポイントは下記の通り

  1. 安い
  2. 外付けUSBハードディスク録画対応
  3. 2系統のHDMI端子を搭載
  4. とにかく安い

主に「安さ」です。
なんせ32型で2万円を切るのですから。。。
さすが、ジェネリック家電です。

気体版のDLS 気体版のDLS

 

安いからと言って致命的な部分はありません。
普通のTVです。

気体版のDLS

 

 

付属品

メーカーの仕様書には

  1. リモコン
  2. リモコン用単4乾電池×2個
  3. B-CASカード×1枚
  4. B-CASカード紛失防止ホルダー×1個
  5. B-CASカード紛失防止ホルダー固定用ネジ×1個
  6. スタンドベース×2個
  7. スタンドベース固定ネジ×2個
  8. 取扱説明書×1部、保証書×1部

と書いていますが、同軸ケーブルも付属しています!!
買いに行かないと。。。と思っていたのでラッキーでした。

気体版のDLS

 

細かな部分(背面コネクタなど)

ネームプレート

別にmaxzenってついているのは気にしませんが、剥がせればいいのに。。。なんて。

気体版のDLS

 

背面コネクタ

気体版のDLSHDMI端子が2個、USBポートも2個。
Amazonのあれが挿せますね。

これ→

リビングのTVは、Amazonアプリ入っているのですが、
このTVはないので、購入しようかな。

 

製品ラベル

気体版のDLS

電源スイッチ

足を付けるときに見つけました。
下側にありました。

しかもこのスイッチ、ただ押すだけではなく、
前後左右で音量とチャンネルを変えられるようになっています。

気体版のDLSリモコンあるのでいいのだけれど、ここにあるのを忘れそう。

 

製品仕様

液晶パネル
画面サイズ 32V
バックライト 直下型LEDバックライト
駆動方法 VA
画素数 1366(H)×768(V)
視野角(最小値) 左右約 178°(MIN) / 上下約 178°(MIN)
輝度(最大値) 230cd/m2
コントラスト比(標準値) 3000 : 1
チューナー
地上波デジタル UHF(13~62ch)、CATVパススルー(VHF・UHF)対応共有
BS デジタル BS000~BS999
110° CS デジタル CS000~CS999
入力・出力端子
ビデオ入力 ・映像:1V(p-p)、75Ω、負荷期
・音声:500mV(rms)、22kΩ以上(インピーダンス)
HDMI入力×2 HDMI CEC対応 ARC対応
HDMI 対応入力解像度
480i、480p、720p、1080i、1080/60p、1080/30p、1080/24p
USB(録画専用)端子 ×2 (録画用外付けHDD専用)
光デジタル音声出力端子 ×1
ヘッドホン出力 ヘッドホン端子口径 3.5mm ステレオミニジャック、適合インピーダンス 32Ω~
LAN端子 ×1
音声出力(スピーカー) 6W+6W
HDD録画機能 留守録対応、番組表から録画予約可能(最大録画予約件数64)
最大録画番組数3000(最大4TBまでの外付けHDD対応)
日時指定予約機能、自動削除/保護機能、放送時間連動機能
レジューム再生、追っかけ再生、頭出し再生
ワンタッチスキップ機能
HDD省エネ設定機能
データ放送 双方向データ放送(BML)対応
番組表 電子番組表(EPG)対応 7チャンネル6時間分表示(6チャンネル6時間切替)
8日分受信、視聴予約可能
双方向データ放送(BML)対応
使用条件 ・温度:0℃~40℃/-20℃~45℃
・湿度:20%~80%RH/10%RH (結露のないこと)
・高度:0~2000m/0~3790m
サイズ(W.H.D) 733.4 × 515 × 188.2mm
消費電力(待機電力) 50W(0.3W)
年間消費電力 68kWh/年
付属品 リモコン、リモコン用単4乾電池×2個
B-CASカード×1枚
B-CASカード紛失防止ホルダー×1個
B-CASカード紛失防止ホルダー固定用ネジ×1個
スタンドベース×2個
スタンドベース固定ネジ×2個
取扱説明書×1部、保証書×1部

 

B-CASカード

いま、こんなに小さなカードになっているのですね。
クレジットカードサイズのイメージだったので驚きました。

気体版のDLS 気体版のDLS

 

感想

良い点

  1. 安い
  2. 画質は思ったよりも良好
  3. (予想に反して)同軸ケーブルが付いていた

 

悪い点

  1. 動画画質(?)
    高級TV(有機ELなど)で、超高画質を見ている人からすると不満な点はあると思います。
    庶民の私からすると、普通、特に何も問題ないという感じです。