【思ったより便利】USB出力のポータブルソーラーパネル

生活家電,買い物記録

梅雨も明けて日差しが戻ってきましたね。我が家の植物たちも久しぶりの太陽の光と熱にしんなりとうなだれています笑。さて、今回はソーラーパネルを買ってみたという話です。

enkeeo ソーラーパネル 28W

植物栽培用LEDの電源、災害対策、遊びのため、ポータブルタイプのソーラーパネルを購入しました。この商品は楽天で購入しました。発電能力はUSB給電をメインに考えているので28Wのものを選びました。

enkeeo ソーラーパネル 28W

届いてびっくり、小さくて軽い!!しかし、この手の製品って質素なパッケージなのが良いですね。(個人的には、少し怪し気な感じがたまりません)

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W
外箱

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W

内容物は、

  1. ソーラーパネル本体
  2. USBケーブル(USB A-MicroB)
  3. アルミ製カラビナ4個
  4. 取扱説明書
  5. Thanksカード
ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W
セット内容

特にソーラーパネル本体も包装用の袋などにも入っていないようなシンプルな内容です。また、カラビナはつるす用のおもちゃレベルのものです。パネルをつるすなどは問題ありませんが、アルミですし、構造的に荷重がかかる部分では強度不足かなと思います。

 

各部位

USBポート、給電量表示機

四角い緑色の部分がUSBポートと表示機です。この表示は給電量のようです。どのぐらい供給されているのかわかりやすくて良いと思います。ただ、表示は明るいところでは見えにくいです。

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W
出力変換部

 

ソーラーパネル本体

記載はありませんが、この手の製品はSUNPOWERソーラーパネルに樹脂被膜のものが多いようです。エネルギー効率は21.5%-23.5%ぐらいらしくこの製品にも合致します。

説明書にこっそり書かれていたのですが、この太陽光パネルは単結晶シリコン型で、Shenzhen Letsolar Technology Co.,LTDという中国の太陽光パネルメーカーが供給元のようです。

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W
ソーラーパネル表面

 

発電の様子

LEDシーリングライト全光

LEDシーリングライト全光だと、0.1Aぐらいです。この発電量では、モバイルバッテリーは充電できないですし、USBポートに挿すLEDライトも点灯しません。。。

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W
LEDシーリングライト全光での出力

快晴時

届いた当初、快晴時にUSBを1口で充電すると1.2Aが最大でした。充電側のデバイスは2A充電対応のバッテリーのはずなのですが。。。別の2.0A充電が確実なUSBケーブル、かつ別の日に挑戦したところ、2.0A出力でました!ケーブルと日差しの強さの関係だったようです。

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W
快晴時2.0A対応機器+USBケーブル

 

曇り時

曇りになると一気に発電量が落ち0.7Aになります。曇り時には基本的に使用できないと思っていて良いと思います。

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W
曇り時の出力

快晴時(USB2個挿し)

快晴時にモバイルバッテリーとスマホを接続すると2.8Aまで伸びます。モバイルバッテリーが1.2A、スマホが1.6Aでしょうか。公称が4.8Aなので、半分ぐらいしか能力を発揮できていないということになります。ケーブルと充電していたデバイスがダメだった可能性があり、後日、ケーブルと充電機器を変更して再挑戦したいと思います。

ポータブルソーラーパネル enkeeo ソーラーパネル 28W
最大出力?

 

 

仕様

enkeeo ソーラーパネル 28Wの使用は下記の通りです。変換効率も民生用でも23%まで向上したのですね。価格と手間を考えなければもっとありますが、現実的な価格では今のところではこれが限界でしょう。

  • 商品名:enkeeo ソーラーパネル 28W ソーラーチャージャ USB 折りたたみ 地震対策 スーパーセール スマートフォン ノートパソコン 2ポート 急速充電 タブレット アウトドア 非常用 防災 省エネ 台風 停電 震災 車中泊
  • 定価:7650円(税込)
  • モデル名:SCB-28
  • 最大電力:28W
  • 変換効率:23%
  • 電圧:12V
  • USB1口あたりの最大電流:2.4A
  • 最大USB出力:5V(±0.25)/4.8A
  • 収納サイズ:280*200*40mm
  • 展開サイズ:1010*280*10mm
  • 重量:1.13kg
  • パネルタイプ:単結晶シリコン
  • パネルメーカー:Shenzhen Letsolar Technology Co.,LTD

正直な感想

使用した感想

梅雨時期に手に入れてしまった都合上、使用感がなかなか書けなかったのですが、小さいけれどしっかり発電してくれています。ただ、もう少し高くても発電容量が大きくて、DC出力対応にしておけば、、、なんて思ってます笑。今後の拡張計画がある場合は、超大容量バッテリー(Jackery ポータブル電源 400など)などとの接続性も考慮したほうがよさそうです。発電量が50Wを超えるものには、DC出力やアンダーソンコネクタ対応のもの、USB Type-C対応のものがあったりしていました。

実際の発電能力としては、はやりオモチャと見た方が良い気もします。今回はUSB1口あたり最大2.4Aとする公称に対して、実際には発電の関係などで1ポートあたり2.0~1.6Aぐらいが実用範囲のようでした。ただ、これは充電側のデバイスやケーブルなどにも依存していますし、太陽光の強度によって発電量は変わるかと思いますので、万全の体制を整えてカンカン照りの日にも試験したいと思います。

 

良かった点

買ってみて良かった点はこちら

自動再起動する点

発電面の一部に影が出来ると、その部分が抵抗になりソーラーパネルは発電量が極端に落ちます(色素系やCISを初めとする薄膜型などの場合は一部に影が出来ても発電量が急激に落ちないものもあります)。よって、パネル面に影が出来た場合、発電を停止する製品もあり、安全面?から復帰しないものも結構あるようですが、この製品は自動的に再起動し再発電が出来るようになっています。

常に晴れていれば良いですが、雲が多い場合やアウトドアで人影が出来る場合などは重宝しそうです。意外と自動再起動に対応していないものもあるようで、あまりケアしていませんでしたので思わぬ良かった点です。

 

良くない点

概ね満足はしていますが、しいて言う良くない点はこちら

立てかける何かが必要

立てかけが付いているタイプも売られてい様ですね。あまり気にしていませんでしたが、外に設置する際は、太陽に対して垂直の方が好ましいので、ベランダで発電する時には立てかけがあったらな。。。と思ってしまいました。
まあ、これって100均で額縁掛けでも買えばいいんですよね。

 

検討した他のパネル

初めての太陽光発電パネルということで、高くもなく安くもない程よい価格帯を選びました。検討したパネルは1万越えが当たり前の中、初心者だからという理由で8000円を目安に、購入者のレビュー等も含めて選びました。

高い奴は50W以上で発電容量も高く、12V/18V DC出力もできるものもあります。DC出力はPCの充電にも使えますし、大容量バッテリーの充電にも対応できます。そっちの方が私にはあってたかも。。。と今は思っています。
自分の使い方やスタイルが分からない中、初めての商品を買うのはなかなか難しくいろいろ考えて買ってみたものの、やはり使ってみないと分からないものだなと思った次第です。

最後に

個人的には、CIS太陽光パネルのポータブル版が欲しいななんて思っています。Solar Frontierという日本の会社が作っている薄層型のパネルでシリコン系よりも効率が落ちるものの陰に強かったり、弱い日差しでも発電出来たりという利点がありトータルで比較すると実発電量が多いという特徴があります
まあ、そんな製品無いんですけどね。

せっかく買ったので、しっかり使って便利な使い方などが見つかれば報告したいと思います。