SONYのワイヤレスシューティンググリップに乗り換え

買い物生活,家電,レビュー

こちらの記事ではRX100M7のシューティンググリップキットを購入して意気揚々としていました。しかし、、、何か違う。私が求めているのは、簡潔な構成の撮影機材。。。

というわけで、思い立ったが吉日、Bluetooth版のシューティンググリップを購入しました!笑。

GP-VPT2BT ワイヤレスシューティンググリップ

1万円ぐらい誤差誤差と言い聞かせて購入。ちょうど楽天のマラソンしてたし、、、

SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換え

パッケージ

いつものパッケージです。興奮して撮ったので少しブレています笑。

SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換えSONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換えSONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換え

本体

感想:思ったよりデカい!!太い!!という感じ。でも、ホールド感は十分にあり、ミラーレスや一眼でも使うことを想定している設計であるようなので、このぐらいないと心許なくなると思います。

SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換えマウント部も十分な大きさ、VCT-SGR1とは大きさが全然違いますね。SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換え首振りも細かく調節可能ですし、機材の重さに応じて調節時の抵抗を調節できるようにダイヤルも付いています。ちなみに台は360°回転させることが出来るので、取り外しせずに自撮りの向きに切り替えも可能です。これは地味に便利でした。SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換えVCT-SGR1と最も違う点ですが、Bluetoothなので電池が必要になります。 SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換え一応、防水仕様??のようですが、あまり無理させないほうが良いように感じます。

SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換え電池は一般的によく使われているCR2032です。Amazonの最安で1個50円ですね。SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換えこの辺のバルク品が買いやすい量ですね。

VCT-SGR1との比較

大きさが全く違います。コードの有無も使い勝手が全然違う(当然、重さも)。VCT-SGR1はあくまで入門機だなと思った次第です。

SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換えLOCKするとBluetoothの接続が切れるので、一応、電池消耗も抑えられると思う。ただ、BluetoothのLE(Bluetooth Low Energy)なので待機電力消費はごく僅かなので、いちいちON、OFFを気にするストレスと天秤にかけた方が良いかと思う。Bluetooth版にしたのは、コード接続なしにスピーディーに撮れるというメリットがあるからであって、これを生かすなら常時ONでもよいと思った。

完成形

そうして私のRX100M7は完成形になりました。良いですね。総計を勘定するのが嫌になるレベルですが、気に入った機材を組み合わせるのは気分が良いですね。

SONYのワイヤレスシューティンググリップGP-VPT2BTに乗り換えこのようなシューブラケットカメラライトを少し前に出した状態で撮影すると暗闇でもしっかり撮れるので、夜間の家庭菜園の撮影にも最適です。眩しそうという欠点はありますが、人物の撮影もかなり捗りそうでした。

SANDISK EXTERME PRO SDカード 64GBSDカードも新調しましたが、そもそも170MB/sも速度あっても書き込み速度よりもカメラの映像処理が律速なので意味なかったけれど、PCへの画像や動画の転送は爆速!!数GBあってもシューっと転送出来てストレスフリー。最近価格もかなり下がってきているので、買ってよかったです。

グッズをどんどん買いたくなるのが良くないけれど、年内はこれ以上買い足さないように頑張ろう。