はてなブログでアドセンスクローラエラーの対処法

ITネット,Google

はてなブログとGoogleAdSenseって相性悪いように思います。。。SeaerchConsoleのサイトマップ読み込みも正常にできずにクローラがページを見つけて登録してくれていますし。。。Googleのロボットの巡回頻度が高いなどの影響で、意図的に避けさせようとしているのでしょうか。。。

ここからが今回の本題。はてなブログでアドセンスクローラエラーの対処法です。

はてなブログでクローラエラー

今回は、唐突なエラーでした。
ある日、GoogleAdSenseにログインすると、「広告クローラのエラーが生じており、収益の損失が発生する可能性があります。」などと言う恐ろしい一文が表示されているではありませんか。。。

あれれ・・・でも、どうせはてなブログだろうと思って、原因を見てみるとやはりはてなブログでした。

 

どこを見れば状況が分かるか

この通知を受けた場合、Google AdSenseのサイトから「アカウント」→「ポリシーセンター」→「問題のあるサイト」に何か概要が表示されているはずです。
私の場合、下記のような概要でした。

サイトの状況:「影響の範囲はページ単位のみ」とのこと。
ただし、要修正の項目は「いいえ」となっており、修正の必要はありません。

これを見るだけでも今回の問題は、軽微な問題と言えます。

 

問題の詳細

概要をクリックすると詳細な項目が出てきます。詳細な項目には、

問題:「クローラが robots.txt で拒否されました」
ページ「www.*******.com/preview」
広告配信ステータス:「需要の制限」 ←黄色文字

と表示されています。
ここで通常は、問題を解決した後に審査リクエストを出すのですが、チェックマークをつけて審査をリクエストを押そうと操作しようとしてもカーソルが禁止マークになりチェックできません。つまりは要修正ではないので、放置してろってことなのでしょう。

 

解決法

今回の場合、解決法は、待てば良し、対応の必要なしです。

Googleも審査を受け付けていないということは、この事象は良くあることであって通常の訪問者には影響の無いエラーなので、対応の必要はありません。私の体験談では、エラーが出てから2日目後のGoogleAdSenseのポリシーセンターには、「問題は検出されませんでした」と表示されています。

なぜ発生したか

少し細かく書くと、previewは執筆者もしくは管理者のためにある機能であって、本来はGoogleのクローラでも巡回する必要の無い場所です。執筆時にPreviewの画面を開いたらアドセンスも表示されたことがきっかけでクローラの巡回リストに入ったものと考えられます。行かなくてよい場所、閲覧権限のない場所に入ろうとしたので起こったエラーです。

はてなブログのpreview機能とは

はてなブログの執筆画面において、上部のタブに「編集 見たまま」、「HTML編集」、「プレビュー」とありますが、このプレビューが該当します。投稿はしないものの実際のブログ上に表示させてみて、HTMLなどのタグなどがキチンと動作するかを確認出来る機能です。

私の場合、書くたびにこの機能を使い、表示が正常になっているか確認しますので、そこにGoogleAdSenseの広告が掲載された場合、それによってGoogleのクローラが「お?じゃあ、previewも見ておいた方がいいよね。」と判断してしまい、管理者ではないクローラはURLにアクセスしても見てみてもエラーで見れないということでクローラエラーが返ってきたと思われます。

 

最後に

はてなブログよりもこのブログの方が長いのに、プレビューも同じように使っているのに何でエラーは出ないのかは腑に落ちません。単純に考えてみると、はてなブログよりもWordpressのユーザーの方が圧倒的に多く、GoogleのWordpress用にプログラムを改良しているのかも。。。

 

はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

JOE AOTO
1,738円(10/25 23:27時点)
発売日: 2016/07/22
Amazonの情報を掲載しています
Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

のんくら(早川 修), a-ki, 石田 健介, 染谷 昌利
2,035円(10/25 23:27時点)
発売日: 2018/11/20
Amazonの情報を掲載しています
ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

染谷 昌利
1,131円(10/25 12:41時点)
発売日: 2013/06/21
Amazonの情報を掲載しています

ITネット,Google

Posted by kei_kichy