イオン銀行からGMOあおぞら銀行に乗り換え

お金関係生活

イオン銀行の金利制度が改悪されました(2019年4月~)。
これまでイオン銀行に預けていたものをGMOあおぞら銀行にシフトしました。
イオン銀行はなんだかんだ便利なので、口座はしばらく保有したままにしようと思います。

 

GMOあおぞら銀行とは

この銀行、あまり聞き覚えのない銀行だと思います。
というのも、2018年7月からサービス開始をした新しいネット銀行なのです。

この銀行の特徴として、後発なので、先進的な取り組みを積極的に取り入れているという点が挙げられます。
また、条件はあるものの金利も0.1%と良好なんです。

その条件とは、証券コネクト口座にするだけです。

 

証券コネクト口座とは

証券コネクト口座は、当社に円普通預金口座を保有し、
GMOクリック証券にも同名義で口座を保有している個人のお客さまがご利用いただけます。
※ 19歳以下の未成年の方(GMOクリック証券で「未成年口座」を開設済みの方を含む)は、
証券コネクト口座を開設することはできません。

つまり、証券会社であるGMOクリック証券の口座も必要になります。
証券口座は使用しなければおいておくだけで問題なく、口座管理手数料等はかかりません。

下記の特徴にも記載していますが、
この証券会社と融通する口座に入れておくことで、金利を0.1%にすることが出来ます。

 

証券コネクト口座の特徴

証券コネクト口座は、GMOクリック証券と連携した円普通預金口座です。
証券コネクト口座へ預け入れたお金は、お客さまのGMOクリック証券口座の現物の買付余力に自動的に反映し、
株式や投資信託、外国債券などのお取引に利用できます。(※ IPO銘柄など一部商品の買付余力としては使用できません。)

株式の売却時など、証券取引に伴う精算代金は、証券コネクト口座とGMOクリック証券口座との間で自動的に振り替えられます。

証券会社の口座を持っていても口座を使わなければ、リスクはありません。
つまり、口座に入れておくだけであれば、株価や債券の価格変動による資金の目減りリスクはありません。
通常の預金口座に近い感覚でお金を預けることが出来ます。

※ただし、パスワード管理等の口座管理はきちんとしましょう。

以下特徴です。

 

証券コネクト口座の優遇金利プログラム

円普通預金の金利が110倍になります。
超低金利、マイナス金利の今、この金利は非常に魅力的です。
ある程度お金を入れておけば、当然、0.1%なので少しずつですが、金利が入ってきます。

証券コネクト口座にお預け入れいただいた残高には、通常の円普通預金金利と比べて
110倍の年0.11%(税引後:年0.0876%)※の優遇金利が適用されます。
※金利は2019年3月1日以降、本日現在のものです。

通常:年0.001%(税引き後0.0007%)

コネクト口座:年0.11%(税引き後0.0876%)

※ この預金の利息には、「復興特別所得税」を含め、20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)が適用されます。

その他、株式取引をされる方は下記のメリットもあります。

信用取引専用の便利なサービス

GMOクリック証券で信用取引を行っていて、事前に設定した維持率を下回った場合に、
維持率に回復するまでに必要な資金を証券コネクト口座からGMOクリック証券の口座へ自動で振り替えます。

 

追証・不足金自動振替

GMOクリック証券で信用取引を行って、追加保証金が発生した場合、
追証金額・不足金額を証券コネクト口座からGMOクリック証券の口座へ自動で振り替えます。
(証券コネクト口座残高で不足する場合は、円普通預金口座の引出可能額から証券コネクト口座へ充当します。)

 

注意事項

特典の金利は証券コネクト口座にお預入れの預金にのみ適用されます。
円普通預金全体に適用されるものではございません。
利息には、源泉分離課税20.315%(国税15.315%、地方税5%)が課税されます。
普通預金金利は変動金利です。今後変更する可能性があります。

コネクト口座は普通預金とは別枠として管理されるので、
普通預金分がすべて0.1%となるわけではありません。

別途、コネクト口座に移し替える必要があるのが面倒なところです。

 

GMOクリック証券について

GMOクリック証券は、GMOインターネット株式会社(東証一部上場9449)のグループ企業です。
手数料等、取引コストの安さ、使いやすいと噂の取引ツール、
無料で利用できる株式分析ツールや充実した投資情報を提供している証券会社です。

カードや引き落としなどをする生活決済用の口座以外に
投資もしくは、貯蓄口座として1つ(1セット)持つのがオススメです。

考え方はさまざま寝かせて確実に増やすもよし、株式でキャピタルゲインを得て大きく増やすのもよし、
今、投資が注目されている中、デビュー口座にちょうどいいと思います。

 

 

お金関係生活

Posted by Kei-Kichi