セブンイレブンアプリとQUICPayの関係性について

雑記レポート, お得情報

2018年6月からセブンイレブンアプリがリリースされ運用され始めましたね。
私は、セブンイレブンでの支払いは、もっぱらnanacoカードに搭載されているQUICPay派なので、
あまり恩恵ないのかなと思っていましたが、念のため調べてみました。

nanacoカード搭載のQUICPay派の人はどうするべき?

私と同じ属性の人がどのぐらいいるかは謎ですが、
ズバリいきます。

【結論】

ナナコについているQUICPayを使ってもセブンイレブンアプリのバッジは貯めることができません。
(ナナコカードを機械にかざすことになりすがダメです)

 

つまり、不便ですが、スマホのアプリに表示されるバーコードを提示することになります。

nanacoカード

以下、つらつらと細かいことを記載しています。

 

セブンイレブンアプリとは

  1. バッジを集める
    セブンイレブンアプリバッジ
  2. クーポンの獲得・利用
    セブンイレブンアプリクーポン セブンイレブンアプリクーポン
  3. 抽選キャンペーンの参加
  4. nanaco残高・ポイントの確認
  5. セブンマイルプログラムでマイルを貯める

こういったことができます。

 

さらに具体的には、7iD会員とアカウントと紐つけたnanacoを使って、
もしくは会計時にアプリ上のバーコードを提示して読み込みしてもらうと
各商品群ごとにバッジ、クーポンなどなどがもらえるサービスです。

どうも、セブンアンドアイ系列のネットサービスも使うとバッジが貯まるメリットもあるようです。

など、、、あまりネット通販の売り上げは芳しくないらしいですが。

始まったばかりのサービスなので、全容も見えていませんが、
少し使って様子を見てみることにしています。

 

nanacoカードに搭載されているQUICPayとは

そもそもの話をしますと、
nanacoカードには実はQUICPayが搭載されているのはご存知ですか?

QUICPayが申し込めるJCBカードがあればナナコ搭載型のQUICPayを使うことができます。

nanacoカードQUICpay

このQUICPayとはJCBが主体として発行しているポストペイ型(後払い)の電子マネーです。
類似するもので有名なのは、ドコモのiDや関西系の交通機関の協会(スルッとKANSAI協議会)が出しているPitapaがあります。

いずれもクレジットカードと同じように月締めで、翌月に支払うタイプのものです。
チャージが必要ない分、利便性は非常に高いですが、
家計簿をつけない人などとは相性は悪いですね。
なお、紛失時もクレジットカードと同じように保証があります。

 

ナナコに搭載されているQUICPayのメリット

そのナナコに搭載されているQUICPayですが、
私の場合、JCBオリジナルシリーズと連携させています。

この場合、QUICPay支払い分のJCBのポイントに加えて、ナナコポイントもひっそり付きます。

 

JCB Original Seriesの場合

セブンイレブンでナナコに搭載されているQUICPayを使用した場合、
OkiDokiポイント:1.5%(特約店なので3倍)

nanacoポイント:0.5%(税抜200円毎に1ポイント)

JCB Original Seriesの場合、JCBスターメンバーズという制度があり、
前年の使用実績に応じてボーナスポイントがありますから、下記の表の通り、多少増えます。

集計期間中の
利用合計金額(税込)
カードのポイントプログラム名称
「Oki Doki for ORIGINAL(※1)」
「Oki DokiポイントCLASSIC」
「Oki Doki for Debit OS」
「Oki Doki for OS(法人)」
左記以外
300万円以上の方 ロイヤルα(アルファ)PLUS ロイヤルα
100万円以上の方 スターα(アルファ)PLUS スターα
50万円以上の方 スターβ(ベータ)PLUS スターβ
30万円以上の方 スターe(イー)PLUS 対象外

カードのポイントプログラム名称が
「Oki Doki for ORIGINAL」・「Oki Dokiポイント CLASSIC」
「Oki Doki for Debit OS」・「Oki Doki for OS(法人)」の会員の方

メンバーランク名称 JCBザ・クラス
JCBゴールド ザ・プレミア
プラチナ
ゴールド
ネクサス/
デビットゴールド
左記以外の方
ロイヤルαPLUS ランク適用中のポイントが
70%UP
ランク適用中のポイントが
60%UP
対象外
スターαPLUS 60%UP 50%UP
スターβPLUS 30%UP 20%UP
スターePLUS 20%UP 10%UP

この場合、OkiDokiポイント:1.5%(特約店なので3倍)に対して、上記の割合分がボーナスポイントとして追加付与されます。

そして、ポイント交換キャンペーン中だと、
1 OkiDokiポイントにつき5 nanaco電子マネー→1 OkiDokiポイントにつき6 nanaco電子マネー
つまり、交換比率1:5だったのが、1:6になります。

 

どのぐらいポイントが付くか

JCBカードの毎月のご利用合計金額の1,000円(税込)=1ポイントで、
セブンイレブンでnanaco搭載のQUICpayで支払いした場合、
スターαPLUSの場合、10,000円利用で35ポイント付与されます。
(通常ポイント:10P、特約店ボーナス:20P、ボーナスポイント5P)

これをキャンペーン時にnanaco電子マネーに変えると、210円相当です。
10000円あたり210円なので、2.1%。
これに加えnanacoポイントも200円で1ポイントつきますからさらにお得になります。

 

最後に

セブンイレブンアプリを起動させてバーコードを提示するのは手間なので、できれば避けたいところですが、
面白そうなのでもうしばらく使って見たいと思います。

最近この手のアプリ増えすぎなので、統一する動きになってくれないかな。。。
無理か。。。