百均の定量ポーラーを試してみる【美味しいハイボールのために】

買い物お酒,買い物記録,料理

炭酸水製造機をプレゼントしてもらってからというもの、炭酸水がすぐに作れるということで、家でハイボールを飲む機会が増えてウイスキーを定量注ぎたいという要求が高まっています。

そこで、調べてみたところ、百均に定量ポーラーが売られていると聞き、早速購入しました。(別の言い方として、ポアラーとも言います。)

 

百均の定量ポーラー

百均の定量ポーラー「適量使用で、出し過ぎ防止!!」これはオリーブオイル等の油の出し過ぎを想定しているように見えます。

百均の定量ポーラー百均の定量ポーラーちなみにAmazonでも定量ポーラーは売られています。でも、、、高いんですよね。

 

(外観)角瓶にセットしてみた

早速洗ったのちに、角瓶にセットしてみました。傾け方などは、空のペットボトルにセットして出してみると良いと思います。

百均の定量ポーラー

横向きの画

 

百均の定量ポーラー縦向きの画

色は派手ですが、シンプルなデザインです。

 

仕組みは?

さて、気になる仕組みですが、2個の大きさの異なるボールがポイントのようです。

逆さまにすると小さなボールが、大きなボールのいる部分の入り口を塞ぐことで、大きなボールが動けなくなります。

大きなボールのある部屋に小さな穴が開いており、そこから空気と液体が「ポコポコ」と出入りすることで、大きなボールが出口方向に動きます。この大きなボールが出口まで動くまでに30mL出るという仕組みです。

見ると一目瞭然なのですが、だめですね、語彙力の不足です。

百均の定量ポーラー

 

どんな感じで出るのか

どんな感じに出るのかは気になりますよね。キレイに出すコツは瓶を躊躇なく45度ぐらい傾けるといい感じに出ます。完全に逆さまにすると出る量のバラツキがあるように感じます。

百均の定量ポーラー程よい角度でホールドするとポコポコと音を立てて出て、一定量出た後にピタッと止まります。

百均の定量ポーラー

 

どのぐらい定量されるのか

商品の取扱説明からすると、30mL程度出るようですが、実際どの程度なのか、吐出された液体の重さを計量してみました。

百均の定量ポーラー百均の定量ポーラー百均の定量ポーラー意外と再現性があります。
ただし、傾ける角度によって、ばらつきがあります。45度ぐらい傾けるのが良いと感じています。

100円でこの精度なら満足ですが、個体差が激しそうです。もう一個買いましたが、個性が出ます。
どうせ100円ですし、ポアラー以外にも油の出し過ぎ防止にも使えますので、数個買って一番好みなのを使っても良いかもしれません。壊れるような構造ではないでしょうけれど、念のため私は数個ストックしてます。

耐久性について

1年以上使用しましたが、壊れる様子はありません。シンプルな構造なので長持ちですね。ただ、量の検定については一度チェックしようかなと思っています。(最近少し量が少ないような気が、、、)

 

 

サントリー ウイスキー 角瓶 [日本 700ml ]

サントリー ウイスキー 角瓶 [日本 700ml ]

1,406円(08/13 11:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
おつまみハイボール亭-すぐにおいしい泡の友110 (池田書店の料理新書シリーズ)

おつまみハイボール亭-すぐにおいしい泡の友110 (池田書店の料理新書シリーズ)

きじま りゅうた
2,990円(08/13 11:17時点)
発売日: 2012/05/11
Amazonの情報を掲載しています