消毒液に使っていいアルコール、使っちゃいけないアルコール

雑記調査結果, 健康

今、手指消毒用のアルコールが品薄ですね。薬局やホームセンターにはいろいろなアルコールが売っていますが、使用できるもの出来ないものがあります。かなり危険な物質もアルコールとして売られているので、ザっと一覧にしてみました(適宜追記してきます)。

消毒液に使っていいアルコール

エタノールは使用可能です。
イソプロパノールも使用可能で、エタノールイソプロパノールが混合したものも使用可能です。

消毒用エタノール

手指消毒用に使用可能です。濃度によっては酒税が掛かることがあり高い場合がほとんどです。
製品の濃度をしっかり読み配合量等はこちらが参考になります。

 

消毒用エタノール(イソプロパノール入り)

手指消毒用に使用可能です。飲用出来ないようにイソプロパノールが配合されています。イソプロパノールイソプロピルアルコールです。
口に入らない方が良いですが、安全に消毒に使用できます。酒税が掛からないので安価です。
使用する際の配合量等はエタノールと同じ濃度で構いません。含まれているイソプロパノールエタノールとして計算可能です。

濃度や配合量などはこちら(下記リンク)が参考になります。

消毒用エタノールIP「ケンエー」500mL【第3類医薬品】1本

消毒用エタノールIP「ケンエー」500mL【第3類医薬品】1本

18,000円(03/30 12:43時点)
Amazonの情報を掲載しています
第一アルコール付替用 400ml

第一アルコール付替用 400ml

3,980円(03/30 12:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

無水エタノール

手指消毒用に使用可能です。もちろん使用可能です。エタノール濃度が高いので、薄めて70~80%にして使用しましょう。酒税が掛かるので高価です。

濃度や配合量などはこちら(下記リンク)が参考になります。

無水エタノールP 500ml(掃除)

無水エタノールP 500ml(掃除)

5,576円(03/30 09:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
植物性発酵エタノール(無水)

植物性発酵エタノール(無水)

2,980円(03/30 12:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

試薬級・工業用エタノール

手指消毒用に使用可能です。
試薬工業用なので、入手できる人は限られていると思いますが、、、こういった商品も購入して使用することは出来ます。

 

イソプロパノール

手指消毒用に使用可能です。幅広く消毒できるという意味では、エタノールが好ましいですが、おおむねイソプロパノール(IPA)でも代用可能とされています。ただし、手荒れしやすいこと、また、毒性はエタノールよりもやや高いという点は考慮しないといけません。人体に入っても代謝はアセトン経由なので、毒性はまだ低いですが、エタノールは毒性があります。手に入らない場合の代替として使うべきでしょう。
ちなみにイソプロパノールイソプロピルアルコールです。

 

消毒液に使っちゃいけないアルコール

絶対に使わないでほしいアルコールがあります。メタノールもしくはメチルアルコールが含まれているものは絶対に使用しないでください。

燃料用アルコール

使用不可能です。絶対に使用しないでください。

メタノールが配合されているため、人体へ毒性があります。
また、通常メタノールは劇物に指定されていますので、高濃度なものは身分証と譲渡証等の書類提出が必要ですが、メタノールの濃度が薄いので、何も提示せずに購入できてしまいます。簡単に購入できる割に毒劇物の劇物にしていされるほど危険な物質を含むため、非常に危険なので絶対に使用しないでください。

 

工業用アルコール

使用不可能です。絶対に使用しないでください。

飲用出来ないようにメタノールもしくはイソプロパノールが配合されています。酒税が掛からないため安いですが、手指消毒用には使用してはいけません。
このタイプのアルコールは、メタノールが配合されていることがほとんどで、人体へ毒性があります。燃料用アルコールと同じぐらいの量のメタノールが入っています。

ただし、イソプロパノールとの混合物である場合は、使用できます。「消毒用エタノール(イソプロパノール入り)」の項参照。

 

変性アルコール

使用不可能です。絶対に使用しないでください。

飲用出来ないようにメタノールもしくはイソプロパノールが配合されています。酒税が掛からないため安いですが、メタノールが入っている場合は、手指消毒用には使用してはいけません。
このタイプのアルコールは、メタノールが配合されていることがほとんどで、人体へ毒性があります。燃料用アルコールと同じぐらいの量のメタノールが入っています。

ただし、イソプロパノールとの混合物である場合は、使用できます。「消毒用エタノール(イソプロパノール入り)」の項参照。

 

ウォッシャー液

使用不可能です。絶対に使用しないでください。

これもアルコールと書かれていると思いますが、配合されているのはメタノールなので使用しないでください。車用品として比較的身近にあるものなので、素人が車の整備などを行う際に誤って口に入って病院送りになる人が定期的に出ているようです。

 

メタノールの毒性

飲んでも、吸っても、皮膚からも吸収され、どのように体に入っても毒性があります。

飲んでしまった場合の症状は意識レベルの低下、身体能力の貧弱化、嘔吐、腹痛、脳浮腫、失明などが起こります。
メタノールの代謝物が目の網膜にダメージを与えてしまい、失明します。

少量でも死に至る場合もあり非常に危険です。よく言われる危険な量は下記の通りです。(個人差があります)

  • 死亡:30~100mL
  • 失明:10mL

一度失明すると、不可逆で元には治りませんので、絶対に口に含んだり皮膚に付着させたりしないようにしましょう。

参考になるサイト

 

最後に

消毒用のアルコールを間違えて健康を害したり、将来障害に見舞われないように正しいものを選んで化学物質防護に努めましょう。同じような透明な液体でも、体からすると猛毒だったりしますので、注意が必要ですね。化学物質の恐ろしいところは、気付かないうちに健康を害することや時間が経ってから障害(肝臓障害等)が出てくることです。

特に子供は肝臓の機能も大人より弱いですし、量に対して体の大きさも小さいですから健康被害が出やすいです。注意しましょう。

 

雑記調査結果, 健康

Posted by Kei-Kichi