【アボカド栽培記録】190126 アボカドさんが炭疽病?

ガーデニングアボカド(Avocado), 植物栽培

アボカド育ててもうすぐ1年。
1年前を思い出しますね。。。懐かしい記憶がたくさんです。
さて、記録です。

アボカドちゃん(1号):栽培開始363日目。
アボカドさん(3号):栽培開始295日目。
アボカド4号:栽培開始67日目。

アボカドちゃん(1号)

アボカド栽培記録1901261号は相変わらず低空飛行ですが、
葉っぱは少しずつ大きくなっています。
容器の中身にだいぶ苔が増えているので、気になっていますが、
もう少し我慢してもらいたいです。

 

アボカドさん(3号)

さて今回、頭を抱えています。
どうやら葉っぱの変色は病気なのではないかと思っています。

アボカド栽培記録190126アボカド栽培記録190126綺麗な緑色だった葉っぱが、色が薄くなってしまいました。
さらに、

アボカド栽培記録190126 アボカド栽培記録190126裏面は黒っぽい斑点が、
これ、1号でもありましたが、このまま放置すると枯れて葉が落ちるんですよね。
そこで、色のやばそうな2枚はサッと取ってしまって、上の2枚のみ残してみました。

さらに今回は、大切でかわいい4号の一大事なので、薬(農薬)の使用も視野に入れても良いかなと思っています。

病名はおそらく「炭疽病(たんそびょう)」でしょう。
「疽」の字が難しいので、炭そ病なんて書かれたりしますが、
これは、水はけの悪い土壌や、多湿の環境で発生しやすくなります。

完全に外に出して栽培していた時期の影響ですね。。。
雨の日も風の日も外だったので、ほぼこれです。。。反省。。。
(後で思ったことですが、オゾン発生器も同じリビングに置いてあるので、そちらの影響もあるかも。。。)

 

薬剤(農薬)としては、「ベンレート水和剤」が効果的のようです。
カビ系の病気に幅広く効く薬剤(農薬)です。
これは別途入手後に使用記録と効果について記事にしたいと思います。

住友化学園芸 ベンレート水和剤 0.5g×10

住友化学園芸 ベンレート水和剤 0.5g×10

497円(04/24 06:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

ハイドロカルチャーの場合の農薬使用ってどうなんですかね。しかも観葉植物。。。
それについても、ちょっと勉強が必要です。
まとめて書くようにします。

 

アボカド4号

アボカド栽培記録190126そろそろ植え替えてもいいかなという時期です。
でも、3号の件もあるので、もう少しこのままで。。。

 

アイビー

さて、ニューフェイス。家に緑をもたらす新たな仲間です。

アイビー栽培記録190126

このアイビーですが、妻へのクリスマスのちょっとしたプレゼントに花を贈ったんです。
その時のアイビーです。

アイビー栽培記録190126

アイビーは生命力が強く、水挿しで根っこがどんどん出てきます。
ある程度根が伸びたところで植え替えるとドンドン成長していきます。

アイビー栽培記録1901261か月程度経過時ですが、こちらのように白い根が伸びています。
水差しするときに気を付けるのが、葉っぱが水に浸らないようにすること。
水に浸っている状態だと、すぐに腐ります

また、根は葉っぱの付け根から伸びますので、茎は長めに取っておくと早く成長することが期待できます。

 

最後に

なに?また育てるの??なんて言われますが、
内心この花束は嬉しかったようで、アイビー日に当ててあげないとなんて窓際に移動させたりしています。

(水差しを日に当てるとレンズ効果で光が一点に集中し火事が起きたりするので、グラスの形状や置く場所は注意が必要です)