風呂場の大掃除【天井+カビ予防までやる版】

雑記生活

もう年末ですね。
さて、我が家では諸事情により掃除が大きく遅延しています。

こだわりをもって掃除しているからこそ。。。と言いたいですが、普通の掃除です。
ダラダラしているからと言われても「おっしゃる通りです」という感じです。

この記事では風呂場の大掃除(天井+カビ予防までやるバージョン)を書いています。

 

この記事の掃除に必要なもの

【給湯器の配管掃除】

 

【天井の掃除】

風呂天井の大掃除

ちなみにマイクロファイバータオルですが、こちらのものを愛用しています。

薄すぎず、分厚すぎずで、耐久性もあり、安くて使い勝手が良いです。

 

給湯器の配管掃除

この方法は1つ穴式のものが対象です。

  1. 自動機能を使って、ぬるめのお湯を張り始めます。(水でもOKです)
  2. 穴が水面より3~4cmほど浸ったところで止めます。
  3. 洗浄剤を水面に撒くように散らばせます
  4. 追い炊き機能を使い、循環させます。
  5. 5分ほど動かし追い炊きを止めます。(水からの場合は水が温かくなるまで追い炊きします)
  6. 10~15分ほど放置します。
  7. 5分ほど再度追い炊きします。
    —すすぎの工程—
  8. 水を抜きます。
  9. 自動機能を使って、ぬるめのお湯を張り始めます。(水でもOKです)
  10. 穴が水面より3~4cmほど浸ったところで止めます。
  11. 追い炊き機能を使い、循環させます。
  12. 完了です。水を抜きます。

 

天井の(カビ)掃除

この作業をするときは、手袋をして滴ったカビキラーなどが皮膚につかないようにしましょう。

  1. フロアワイパーにマイクロファイバーをセットする
    風呂天井の大掃除
  2. マイクロファイバーにカビキラーを付ける
    風呂天井の大掃除
  3. 滴らないように、体にかからないように塗る。擦る。
    風呂天井の大掃除
  4. 10~15分放置する。
  5. 濡らしたマイクロファイバータオルでふき取る。
    シャワーを掛けても良いですが、滴った水をかぶらないように、また換気扇や上部の穴に入らないようにしてください。
  6. 浴室乾燥を回して完全に乾燥させます。

また、次のカビ予防のためには、天井だけではなく壁、床なども同時に行うべきです。

 

カビ予防

私の場合、カビ予防には「お風呂の防カビくん煙剤」一択です。

お風呂の防カビくん煙剤ちなみにこれを使うときは濡れていてもOKらしいです。
ですが、私は乾いたときに使用しています。

使用後90分間は換気扇も止めますし、浴室は使用はできません。

使用方法

  1. 容器を開ける
  2. プラスチックの容器の標線まで水を入れる
    お風呂の防カビくん煙剤
  3. プラスチック容器に金属の缶を水に浸すように入れ、浴室に置く
    お風呂の防カビくん煙剤
  4. 煙が出ることを確認してドアを締める。
    (換気扇OFF、電気OFFのこと)
    お風呂の防カビくん煙剤

商品のパッケージ

お風呂の防カビくん煙剤 お風呂の防カビくん煙剤これで次回の掃除が非常に楽になります。
燻えん剤も2か月に1回で問題ありませんので、ランニングコストもそれほど高くありません。
むしろ1回300円程度でカビ予防できて楽ちんです。

 

最後に

年末ぎりぎりでしたが、年明けからこれで気持ちよくお風呂に入れます。
カビアレルギーなので、カビには注意していますが、お風呂場はどうしても仕方ないよな。。。
という感じだったので、今回気合を入れて処理できてよかったです。

 

雑記生活

Posted by Kei-Kichi